ご予約やお問い合わせはこちらから
 お問合せフォーム
 045-308-6321
概要

リハビリテーション科は、脳卒中、骨折などの神経・筋・骨格系の問題により、運動機能・生活機能に障がいを有した方を対象に治療を施す診療科です。歩行や家事、仕事など様々な生活動作やコミュニケーションに問題を有する方の機能回復を促します。また残存機能を活かしていくことで、生活の質の向上を図り、社会参加のお手伝いを致します。

対象疾患と対象となる障がいを持った方の主な症状

対象疾患:
  • 脳卒中(脳出血、脳梗塞)に伴う身体症状
  • 筋・骨格系の障害(骨折、変形性関節症、四肢切断、脊髄損傷など)
  • 神経疾患(パーキンソン病、ギランバレー症候群、多発性硬化症など)に伴う首や手足の痛み
  • 小児疾患(脳性麻痺、ダウン症など)
  • 悪性腫瘍 …など

主な症状:
  • 首・肩・膝・腰などの痛みがある
  • 手足に麻痺や痙縮があり生活に不自由がある
  • 言葉が発しづらい
  • 関節の痛みやこわばりがある
  • 装具を作りたい
  • 食べ物や飲み物を口にするとよくむせる
  • 転びやすい
  • 歩き方や姿勢・足の変形(内反足・外反扁平足・尖足)が気になる
  • 関節の痛みやこわばりがある
  • 知的障がいをお持ちのお子様の身体症状全般 …など

ボツリヌス治療

当院では痙縮の治療としてボツリヌス治療(ボトックス注射)を実施しております。

ボツリヌス治療について
学術発表・論文など

PAGE TOP