ご予約やお問い合わせはこちらから
 お問合せフォーム
 045-308-6321
ボツリヌス療法について

ボツリヌストキシンというボツリヌス菌が作り出す天然のたんぱく質を筋肉に注射し、筋肉の緊張(痙縮:けいしゅく)を和らげる治療法です。

対象となる症状について

  • 手足の痙縮
  • 眼瞼けいれん
  • 片側顔面けいれん
  • 痙性斜頚
  • 小児脳性麻痺患者の下肢痙縮に伴う尖足
  • 斜視 …など

痙縮(けいしゅく)とは 脳卒中の後遺症でよくみられる障害の一つに「痙縮」という症状があります。 痙縮とは筋肉が緊張しすぎて、手足が動かしにくかったり勝手に動いてしまう状態のことです。手指が握ったままとなり開きにくい、ひじが曲がる、足先が足の裏側のほうに曲がってしまうなどの症状がみられます。脳卒中の発症後、時間の経過とともに麻痺と一緒にあらわれることが多い症状です。

ボツリヌス療法の効果について

ボツリヌス療法によって、次のような効果が期待できます。

  • 手足の筋肉がやわらかくなり、曲げ伸ばしがしやすくなることで、日常生活動作の制限が軽減されます。(手を洗いやすくなる、装具がつけやすくなる、くつが履きやすくなる、など)
  • リハビリテーション(ストレッチ含む)を行いやすくなります。
  • 関節が固まって動きにくくなったり、変形するのを防ぎます(拘縮予防)。
  • 痛みをやわらげる効果が期待できます。
  • 介助の負担を軽減することが期待できます。(着替えの補助、衛生ケアがしやすいなど)

副作用について

ボツリヌス療法を受けた後に、副作用として以下のような症状があらわれることがまれにあります。これらの症状は多くが一時的なものですが、症状があらわれた場合には、医師に相談してください。

  • 注射部位が腫れる、赤くなる、痛みを感じる
  • 体がだるく感じる、力が入りにくい

※上肢痙縮、下肢痙縮のボツリヌス治療は、身体障がいが重度の患者様でも治療が可能です。 当院では、通院が困難な患者様に在宅での治療を行っています。訪問診療にうかがえる地域であるかは、お気軽にお問合わせください。

お電話でのご予約・お問合わせ
  045-308-6321
メールでのご予約・お問合わせ
  ご予約・お問合わせ

PAGE TOP