トップ -3つの安心 中川徳生会について サービス
施設紹介 採用情報 お問合せ
ブログ

Service

中川徳生会のサービス

Service

サービス

介護サービスについて

神奈川県横浜市と川崎市に特別養護老人ホームを6箇所、短期入所(ショートステイ)、通所介護(デイサービス)、居宅介護支援事業も併設し、高齢者介護事業を展開しております。

横浜市青葉区圏域を対象として定期巡回・随時対応型訪問介護事業を展開しております。

行政から「地域包括支援センター」も受託しております。

特別養護老人ホーム ご入居

介護保険において、要介護1~5の認定を受けられている方がご入所頂けます。
多くの有料老人ホームのような入居頭金が一切なく、終身でご利用になれます。

施設によって個室や多床室がございますので、詳しくはお問い合わせください。

対応施設
中川の里都筑の里ビオラ三保ビオラ川崎ビオラ市ケ尾
短期入所ショートステイ

介護保険において、要介護あるいは要支援の認定を受けられ、在宅生活をされている方にご利用頂けます。

ご家族の皆様のご都合、例えば休息や冠婚葬祭などにより介護ができないときなどに、短期間、一時的に宿泊利用頂けるサービスです。

対応施設
中川の里都筑の里ビオラ三保ビオラ川崎ビオラ市ケ尾
通所介護デイサービス

介護保険において、要介護あるいは要支援の認定を受けられ、在宅生活をされている方にご利用頂けます。
日帰りで施設に来られて、入浴や食事、軽い運動、文化活動などを楽しんで頂けるサービスです。

認知症専門のデイサービスもご用意しておりますので、詳しくはお問い合わせください。

対応施設
中川の里都筑の里こだなか加賀原地域ケアプラザ
居宅介護支援ケアマネジャー

在宅生活をされている方々の、介護サービス計画を無料で立案するサービスです。

ケアマネジャーが、ご利用者さまやご家族さまへアドバイスを行い、適切な介護サービスが受けられるようにお手伝い致します。

対応施設
中川の里都筑の里ビオラ市ケ尾地域ケアプラザ加賀原地域ケアプラザ
地域包括支援センター総合相談窓口

ご高齢の方々のための、総合的な相談窓口です。
介護に関する悩みや心配事、福祉や医療に関する相談など、来所あるいはご訪問によりご相談をお伺いします。

行政機関から委託された公的な相談窓口ですから、相談は無料です。

対応施設
こだなかビオラ宮崎ビオラ川崎ビオラ市ケ尾地域ケアプラザ加賀原地域ケアプラザ
定期巡回・随時対応型訪問介護在宅(訪問)

横浜市に住民票をお持ちで、介護保険において要介護1~5の認定を受けられている方がご利用になれます。
サービス提供に時間区分がある一般の訪問介護と異なり、短時間・複数回の訪問介護を中心とした定期的な訪問と、24時間対応の随時の訪問による、在宅での介護サービスです。
当面、横浜市青葉区を中心にサービス提供致します。
訪問介護と訪問看護の一体的なサービス提供が可能です。

対応施設
エヌアイ在宅サービスステーション
在宅サービス

「老後も家族と共に生活したい」「在宅での療養を望んでいる」というご利用者・患者さまの声に応え、看護師・介護員などが直接ご家庭に訪問し、安心してご自宅で生活できるサービスを提供しております。
地域の医療・福祉サービスの関係者と連携を取り、ニーズや状態の変化に応じた最適なサービスを提供するよう努めます。

訪問看護サービス
エヌアイ在宅サービスステーション
訪問看護サービス
所在地
〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町25-7
TEL:045-979-5015
FAX:045-972-9580
定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービス
エヌアイ在宅サービスステーション
定期巡回・随時対応型訪問介護看護
所在地
〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町25-7
TEL:045-507-7712
FAX:045-507-7719
訪問看護サービス
訪問看護

介護保険法や健康保険法に基づいて、小児から高齢者まで、寝たきりや慢性疾患のある方、 難病・精神障害・認知症の方、末期ガン・重度の身体障害の方などの、健康状態の観察や栄養指導、 日常生活の介助など、看護師が直接ご家庭に訪問してケアします。
温かい雰囲気を大切にして、患者様やご家族に接していきます。

訪問看護サービスをご利用頂くには、医師からの『訪問看護指示書』の交付が必要となります。
医師の指示を受けてサービスが開始され、その後も医師や他の職種との連携を密に行います。

提供エリア・サービス内容

サービス提供エリア

横浜市
青葉区 都筑区 緑区
川崎市
麻生区 宮前区

サービス内容

・医師の指示に基づく医療的処置
・病状の観察や判断(血圧や脈拍、体温等を測定)
・様々な生活介助(入浴・洗髪・食事・清拭・排泄・移動など)
・在宅介護のアドバイス(介護についての相談ほか)
・医師や介護福祉サービス機関との連絡や調整(各種書類の授受)
・各種リハビリテーション(詳細はリハビリテーションの項目へ)
ご利用の流れ

訪問看護は介護保険・医療保険のどちらも受けることが出来ます。

リハビリテーション

訪問看護サービスの1つとして、通院・通所でのリハビリが困難な方に対して、専門のスタッフがご自宅に訪問し、 それぞれの状況に応じた身体機能の維持・回復の訓練や精神的サポートなどのリハビリを行います。

住み慣れた環境の中で行うことにより、より良い生活を送ってもらうための支援が可能になります。

当事業所では現在、『理学療法士(PT)』による身体機能や移動に関してのリハビリを実施しております。

※『作業療法士(OT)』による更衣や調理など生活上の様々な活動のリハビリや、『言語聴覚士(ST)』による摂食や嚥下、 コミュニケーションのリハビリも実施を検討しております。実施時期等については直接お問い合わせください。

エヌアイ在宅サービスステーション
訪問看護

定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービス
定期巡回・随時対応型訪問介護看護

平成24年の介護保険改正によって誕生した新たなサービスで、横浜市は第5期(平成24~26年度)横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画において「地域包括ケアシステム」の実現を基本目標に掲げ、本事業を計画的に整備しています。
計画の初年度となる平成24年度は、市内18区ごとに1つずつの事業所開設が予定され、公募の結果、青葉区最初の指定予定事業者として中川徳生会が選定されました。

お申込からご利用までの流れ

定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービスについて

日中・夜間を通じて、訪問介護と訪問看護が密接に連携しながら、計画的に複数回の定期巡回訪問を行います。
また、ご利用者(ご家族)からの随時の通報に対応し、通報内容によっては居宅に随時訪問します。
自宅に訪問した介護員・看護師は、安心して生活を送ることができるようにするための援助を行い、 その療養生活を支援し、心身の機能の維持回復を目指したサービスを提供します。

サービス種類

① 定期巡回 訪問介護員等が、定期的に利用者宅を巡回してサービスを提供します。
② 随時対応 利用者・家族等から通報を受け、オペレーター(専門的な知識を有する職員)が通報内容によって適切な対応をします。
③ 随時訪問 オペレーターからの要請を受けた随時訪問介護員が、利用者宅を訪問してサービスを提供します。
④ 訪問看護 看護師等が医師の指示に基づいて、利用者宅を訪問してサービスを提供します。

特徴
  • 要介護1~5の認定を受けた横浜市にお住まいの方が対象(当面は横浜市青葉区を中心にサービス提供します)
  • 夜間の訪問を含む、24時間365日対応可能
  • 訪問介護のみの利用も可能(他の訪問看護事業所との連携によるサービス提供も可能です)
  • 訪問介護の時間や回数に関わらず定額負担(訪問介護の回数制限や時間制限はありません)
  • 他の事業所が提供する介護保険サービスは、次の3つを除いて併用が可能
  • 【訪問介護】 【訪問看護(連携型利用を除く)】 【夜間対応型訪問介護】
  • 健康保険(医療保険)の訪問看護とは併用可能
  • エヌアイ在宅サービスステーション
    定期巡回・随時対応型訪問介護看護
    サポート事業
    エヌアイサポートプラザ ~介護用品レンタル・販売事業~

    福祉用具(介護用品)のレンタル・販売事業を展開しております。

    患者さまや介護施設のご利用者さま、そして地域にお住まいのみなさまに、その方に適した福祉用具(介護用品)を提供しております。「福祉用具について相談したい」と、お気軽にお声掛けください。

    介護保険の対象となっている方は、レンタル・販売価格の1割の自己負担でご利用になれます。お電話でも相談を承りますので、お気軽にご連絡ください。

    Tel. 045-511-8434(専用電話)
    メールでのお問い合わせは こちら

    福祉用具貸与 (レンタル)

    居宅で介護を受ける「要介護2以上の要介護者」に対して、次に掲げる13品目の福祉用具のいずれかを貸与することを指します。

    (1)手摺(工事を伴わないものに限定)
    (2)スロープ(工事を伴わないものに限定)
    (3)歩行器(2輪、3輪、4輪、6輪)
    (4)歩行補助杖
    (5)車椅子(自走式、電動式、介助式)
    (6)車椅子付属品(クッション、電動補助装置、テーブル、ブレーキ)
    (7)特殊寝台
    (8)特殊寝台付属品(サイドレール、マットレス、ベッド用手摺、テーブル、スライディングボード、スライディングマット)
    (9)じょぐ瘡(床ずれ)予防用具
    (10)体位変換器
    (11)認知症老人徘徊感知機器
    (12)移動用リフト(床走行式、固定式、据置式で水平移動又は上下移動が可能なもの。入浴用リフト、段差解消機、立上り用椅子も対象。但し、吊り具部分は対象外。)
    (13)自動排泄処理装置
    ※身体障害者用物品は原則「消費税非課税」ですが、上記の(1)、(2)、(8)、(9)、(11)、及び車椅子本体との一体的貸与でない車椅子付属品は、消費税が課税されます。
    ※(13)については、平成24年の介護保険改正で新たに加わりましたが、当事業所では現在レンタルの取り扱い申請を行っておりません。

    介護予防福祉用具貸与 (レンタル)居宅で介護を受ける「要介護1の要介護者」及び「要支援者」に対して、次に掲げる4品目の福祉用具のいずれかを貸与することを指します。

    (1)手摺(工事を伴わないものに限定)
    (2)スロープ(工事を伴わないものに限定)
    (3)歩行器
    (4)歩行補助杖
    ※但し、要介護度認定データ等によっては、上記の4品目以外の福祉用具貸与が例外的に認められる場合が有ります。

    特定福祉用具・介護予防特定福祉用具販売
    居宅で介護を受ける「要介護者、要支援者」に対して、次に掲げる福祉用具のいずれかを販売することを指します。
    (1)腰掛便座(ポータブルトイレなど)
    (2)特殊尿器(自動的に尿や便が吸引されるもの)
    (3)入浴補助具(シャワーチェアや浴槽手すりなど)
    (4)簡易浴槽(空気式または折りたたみ式等で移動できるもの)
    (5)移動用リフトのつり具

    PAGE TOP